挿絵

小説 表紙と挿し絵 『ねこーノックの音が響いたー』

小説 表紙と挿し絵 『ねこーノックの音が響いたー』

 天才ネコたちと、宇宙海賊が繰り広げる、SFファンタジー。作者は、修  貴聖(しゅうきせい)さん。新風舎(03-3451-6893)から、定価1100円で 発売中です。

これが表紙。
ネコたちが乗っているのが、宇宙船「白い貴婦人」号。  ちょっとスタートレックはいってます(笑)。  作者の修さんは、実はこのお話の前にネコ達を主人公にし た未発表のストーリーを3本書いてあるらしい。つまり、こ のお話は、1作目にして「第4話」なのだ!そして、出来れ ば来年、1話目を本にしたいそうだ。  うーん!まるでスターウォーズのようではないかっ!!  ほら、あれも、1作目の「新しき希望」が第四話で、最新 作の「ファントム・メナス」が、「エピソード1」だったで しょ?

中身の白黒挿し絵は、全部で11枚。こんなかんじ。それにしても、生まれて初めて「ねこ耳」描い たよ(笑)。いやー、照れたねー。

 

で、これが裏表紙。
一番手前が、主人公のミヤちゃん。そのうしろの2匹が、 豹柄のムウちゃんと、メガネのコウちゃん。  一番うしろにいるのが、宇宙海賊《め》組組長。作者の修 さんの希望で、なぜか僕がモデルに(笑)。  ♪宇宙の海は~オレの~う~み~♪っと。  小説の内容は、コメディタッチのスペースオペラです。  まあ、今回はじめて小説の挿し絵ってのを描いたわけだけ れども、ゲラ刷りを読んで絵を描いていくってのは、難しい ね。だって挿し絵が無いんだモン(笑)。  真面目な話、作者の修さんには、すでに「イメージ」が出 来ているわけですから、打ち合わせをして、その「イメー ジ」を探っていく作業っていうのは、思ったより難しい作業 でした。でも、楽しい仕事だったなあ。

挿絵を描いた「カラー版医学ユーモア辞典・改訂第3版」から頭痛、風邪とインフルエンザについての特別エッセイ頭痛、風邪とインフルエンザについての特別エッセイを医学博士長谷川榮一様よりいただきましたので、ご紹介 カラー版医学ユーモア辞典・改訂第...